へんしん不要
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

へんしん不要

¥1,540 税込

送料についてはこちら

へんしん不要 餅井アンナ 定価 本体1400円+税 B6版変型・152ページ 装丁 惣田紗希 装画 のむらあい ISBN978-4-907053-43-7 注目のライター餅井アンナ、初の単著いよいよ発売!タバブックスのウェブサイト「マガジンtb」の連載が本になりました。 心も体も防御力低め、四季折々の不調にやられ、落ち込みがちな日々をつづり、宛先のない手紙を書き続けた二年間。書くことで見つけた、あたらしい景色と生きる自信。不安な時代に向き合う姿勢に、希望を感じる1冊です。 「こんにちは、調子はどうですか。挨拶代わりに「元気ですか」と聞かれると、ちょっと言葉に詰まってしまう。私はもうずっとそんな感じです。 だから、ここでは元気の有無は聞かないことにします。元気があってもなくても、調子が良くても悪くても、あなたがこのお便りを読んでくれていることが嬉しい。 今お便りを開いているそこは、どんな場所ですか? どこであっても、そこが居心地の良い場所であったらいいなと思います。」 目次 「元気?」と聞かれるとちょっと困る 就活を頑張るあの子は偉い、就活を頑張らなかった私も偉い 感情がでかすぎる ただ粛々と生きるのがどうしてこんなに難しいのか 「おいしい」と思うことの恥ずかしさについて 仕事は一日二時間にしました 「元気に」よりも「うまく」暮らしたい 何にもできない、何でもできる 現実は自分ひとりの手に余る きつい現実、つらい感情、しんどいSNSに倒れないために この夜をどうにかやり過ごすだけの「大丈夫」を ゲームの下手さは人生の下手さ 何度でも仕切り直せばいい ちょっとだけ欲が出てきた 春とは周回遅れくらいの距離感でいたい なんでもない日にホテルに泊まる 梅雨は自力では越せないから「せっかく」の波に乗る 静かな暮らしを求めて 「自分のことがどうでもよくなるムーブ」に押し流されない いつか私も天竺に行けますか つらいだけの秋じゃなかった 賽の河原で「調子」という名の石を積む 浅瀬に足をひたしてみる 自分ではない「誰か」になる力 追伸 自分の「庭」を持ち続けること 餅井アンナ 1993年宮城県生まれ。ライター。食べること、性、ままならない生活についての文章を中心に書いています。連載に「妄想食堂」(wezzy)、自主制作冊子に『食に淫する』『明け方の空腹』など。『へんしん不要』が初の単著となる。