【B本】栗原セット『はたらかないで、たらふく食べたい』+『菊とギロチン』缶バッジ付き
601780e9aaf0430d211e61c1 601780e9aaf0430d211e61c1

【B本】栗原セット『はたらかないで、たらふく食べたい』+『菊とギロチン』缶バッジ付き

¥4,290

¥2,145 税込

50%OFF

送料についてはこちら

『はたらかないで、たらふく食べたい』文庫化記念!著者栗原康さんの著作2冊セット、缶バッジ2個付きでお届けします。 破天荒な栗原文体をぜひお楽しみください! *B本=いったん出荷して戻ってきた本です。カバーや帯に若干汚れ、傷みがありますが、乱丁落丁などはありません。 本文に問題がなく、なるべくきれいなものをお出しします。 『はたらかないで、たらふく食べたい  「生の負債」からの解放宣言』 著 栗原康 定価 本体1700円+税 四六判変型・228ページ ISBN978-4-907053-08-6 C0095 2015年4月 結婚や消費で自己実現? ウソだ! 豚小屋に火を放て! やりたいことだけをやってはいけない、 かせがなければいけない、買わなければいけない——負い目を背負って生きることを強いられる「生の負債化」が進行する現代社会。今こそ新自由主義の屈折した労働倫理から解き放たれるとき! 笑いながら溜飲が下がる、トンデモなさそうで腑に落ちる、この新しい読み心地は何? 『大杉栄伝ー永遠のアナキズム』で第5回「いける本」大賞受賞、気鋭の政治学者による爆笑痛快現代社会論 http://tababooks.com/books/hatarakanai 『菊とギロチン ―やるならいましかねえ、いつだっていましかねえ』 著 栗原康 原作 瀬々敬久・相澤虎之助 本体2200円+税 四六判・並製・432ページ ISBN978-4-907053-25-3 C0095 2018年7月 関東大震災直後、急速に不寛容な社会へとむかう時代、女相撲とアナキストが出会った- 鬼才・瀬々敬久、構想三十年の入魂作『菊とギロチン』に、異色の政治学者・栗原康がガブリ寄り!希代の取組による破壊的創作評伝小説誕生。 瀬々敬久による映画の後日談「小説・その後の菊とギロチン」収録 ■著者・栗原康コメント 女はよわいから、男にまもってもらえ? だからなにをされても、妻は夫につくさなきゃいけない? おつとめ、ご奉仕、奴隷かよ。いまからおよそ一〇〇年まえ、女たちが家庭をケトバし、女相撲にとびこんだ。ドスコイ、ドスコイ。女たちがホンキでとりみだす。もうなにが男で女なのか、なにがつよくてよわいのか、なんもかんもわかんなくなるくらい、ぶっとんだことをやりはじめる。そうだ、女力士たちよ、つよさの土俵をふっとばせ。怨念と屈辱にまみれたその身体を熱いダイナマイトにかえて、敵のドテッパラにブチこんでやれ。おら、つよぐなりでえ。爆弾の想像力を生きてゆきたい。パンパーーン! http://tababooks.com/books/kikutoguillotine