{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

生活考察 Vol.08

¥1,650 税込

送料についてはこちら

辻本力編 A5 判・216ページ ISBN 978-4-907053-52-9 C9095 2021年12月22日発売 カバーイラスト ばったん(漫画家) 装丁 内川たくや 「生活」をめぐる、さまざまな思考の断片を集めたエッセイ誌、2年振りの新刊! 話題の書き手たちの生活エッセイを多数収録し、読書界の注目を集める “ある種の” ライフスタイル・マガジン、2年振りの新刊です。2020年8月に刊行した日記アンソロジー『コロナ禍日記』の“その後”を新たに綴った続編「『コロナ禍日記、一年後』」、人的接触が激減したコロナ禍に、失われた日常の“ちょっとした”コミュニケーションを求めて人々に雑談を仕掛け続けた数か月の記録「失われた“雑談”を求めて」など、「今」にフォーカスした充実の内容になりました。 【寄稿】 イサヤー・ウッダ(音楽家)/海猫沢めろん(小説家)/円城塔(小説家)/大谷能生(音楽家、批評家)/小澤英実(文学者)/春日武彦(精神科医)/岸本佐知子(翻訳家)/北村みなみ(イラストレーター、映像作家)/栗原裕一郎(文芸評論家)/小指(漫画家、随筆家、美術作家)/佐々木敦(思考家、作家)/柴崎友香(小説家)/高野秀行(ノンフィクション作家)/酉島伝法(小説家)/乗代雄介(小説家)/林哲夫(画家・古本ライター)/早助よう子(小説家)/速水健朗(ライター)/春ねむり(音楽家)/樋口恭介(小説家、会社員)/ひらりさ(文筆家/劇団雌猫)/福永信(小説家)/三田三郎(歌人) 【日記】 『コロナ禍日記』、一年後 円城塔(小説家)、大和田俊之(音楽評論家/米・ボストン&日本)、香山哲(漫画家/独・ベルリン)、木下美絵(出版エージェント/韓国・京畿道)、楠本まき(漫画家/英・ロンドン)、谷崎由依(小説家)、中岡祐介(出版社・書店経営/三輪舎、本屋・生活綴方)、ニコ・ニコルソン(漫画家)、西村彩(カフェ・ライブハウス経営)、福永信(小説家) 【ルポ・インタビュー】 失われた“雑談”を求めて 辻本力(本誌編集人) 磯部涼/伊藤暁里(Taiko Super Kicks)/越湖吾一(トラノココーヒー)/小川さやか/柿内正午/九龍ジョー/恋幟モンゴロイド(Vampillia)/佐々木貴江×中本美恵×林カケ子/柴垣光良(焼鳥 とりねこ)/友田とん/豊崎由美/鳥澤光/滝口悠生/成松哲/濱野ちひろ/はらだ有彩/樋川まゆみ(大塚まるま)/butaji/穂村弘/枡野浩一/松波太郎/宮崎智之/森田真生/矢野利裕&スズキロク/山口伸雄/山下賢二(ホホホ座)/山野正徳&山野友美恵(かえる食堂)/吉田薫

セール中のアイテム