【B本】仕事文脈2020セット(vol16&17)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

【B本】仕事文脈2020セット(vol16&17)

¥1,650

¥1,320 税込

20%OFF

送料についてはこちら

数量限定、「B本」特別価格セット販売です! コロナ禍突入の2020年に刊行したvol.16、vol.17セット、数量限定SALEです!この時期の不安、困惑、怒りを凝縮した2冊、ぜひお試しください。 *B本=いったん出荷して戻ってきた本です。若干汚れ、劣化、傷みなどがありますが、乱丁落丁などはありません。 本文に問題がなく、なるべくきれいなものをお出しします。 ------------------------------ vol.16 特集:東京モヤモヤ2020 (2020年5月) 2020とセットになって特別なものにされていた東京 ところがだれも予期しなかった事態によって、一変した 東京はなんでもそろっていた、食べていけるのはここだけだった、 ここはこの国の中心だった、本当に? 危機に陥ったなかであらためて考える、東京と仕事とくらしのいろいろ 私が違法外国人労働者だったころ 大原扁理 東京という錯覚 高松夕佳 続・東京サバイバル マクロビと狩猟と店と 竹林久仁子 東京最高? 辻本力 場所や仕組みに依存しないで遊ぶ ヤマザキOKコンピュータ 東京のモヤモヤするところ調査 インタビュー・「オリンピックの東京」から脱出したかった理由  インタビュー・新国立競技場の目の前ではたらく人 座談会「東京生まれ・東京育ち」のモヤモヤ 竹花帯子×前みづえ×宮川真紀 トークイベント・東京にモヤモヤしない田舎の未来とカルチャー ほか ------------------------------ vol.17 特集1:ことばはどこに行く/特集2:7年8ヶ月 (2020年11月) 特集1:ことばはどこに行く この時期、いろいろなことばに翻弄された 体を動かせなくなって、いつにも増して大きく、広がり、のしかかったことば 仕事をし、生きるうえで、疵にもなり支えにもなったことばのいろいろ 小さな言葉  小沼理 損なわれたくない 牟田都子 「わかりやすさ」の到着地——インターネットの「ことば」をめぐって 西森路代 金がものを言う世界で、教員のことばはどこまでも沈み込んでいく トミヤマユキコ 言葉と身体の健康的な関係 作家/鍼灸師 松波太郎さんインタビュー コロナで傷ついたことば、励まされたことば 太田明日香 就活のことばをきく 就活生座談会 特集2:7年8ヶ月 7年8ヶ月に及ぶ長期政権が終わった。この政権発足の約1ヶ月前、仕事文脈は創刊した この期間、私たちは、仕事やくらしはどう変わったのか変わらなかったのか これから7年8ヶ月あったら何ができるだろう、何をしたいだろうか 『仕方ない帝国』は終わったのか 高橋純子 世の中の動きと、自己の制作と働き方を振り返る 松本美枝子 インタビュー「座談会・30代独身男性の生活と意見」、その後 辻本力 調査「私たちの7年8ヶ月」