菊とギロチン ーやるならいましかねえ、いつだっていましかねえ
5b21c1bf122a7d2ec9000e08 5b21c1bf122a7d2ec9000e08

菊とギロチン ーやるならいましかねえ、いつだっていましかねえ

¥2,376 税込

送料についてはこちら

著 栗原康 原作 瀬々敬久・相澤虎之助 予価 本体2200円+税 四六判・並製・432ページ ISBN978-4-907053-25-3 C0095 2018年7月11日発売 装丁:吉岡秀典(セプテンバーカウボーイ) 関東大震災直後、急速に不寛容な社会へとむかう時代、女相撲とアナキストが出会った- 鬼才・瀬々敬久、構想三十年の入魂作『菊とギロチン』に、異色の政治学者・栗原康がガブリ寄り!希代の取組による破壊的創作評伝小説誕生。 瀬々敬久による映画の後日談小説「その後の菊とギロチン」収録! 「この世のなかに、あらがえないものなんてない。自分の身体を爆弾にかえろ。テメエの脳天をふっとばしてやれ。とりみだしたその身体を生きてやるんだ。」 栗原康 「何かを変えたいと映画を志した若い頃、自分はこういう映画を作りたかったのだと初めて思えた。あとはいざ、世界の風穴へ。そうなれれば本望だ。 」瀬々敬久 目次 (一)おら、つよぐなりでえ! (二)みんな鬼に喰われちまえだァ (三)不逞じゃねえよ、太えだよ (四)やるならいましかねえ、いつだっていましかねえ (五)なめんじゃねえ! 小説・その後の菊とギロチン  瀬々敬久 あとがき ☆期間限定!タバブックス5周年記念ステッカープレゼント中! ※2018/6/6~8/31のご注文分が対象です ※1冊のご注文につき1枚を進呈いたします(5種類のステッカーのうちどれが入っているかはお楽しみに!)